untouched flower 2014〜

inkjet print untouched flower #1 2014
untouched flower #2 2014
untouched flower #3 2014
untouched flower #4 2014
untouched flower #5 2014
untouched flower #6 2014
untouched flower #7 2014
untouched flower #8 2014
untouched flower #9 2014
untouched flower #10 2014
untouched flower #11 2014
untouched flower #12 2014 《untouched flower》ステートメント 【untouched】 〈物などが〉触られていない, 手つかずの, 〈飲食物が〉手[口]をつけてない; 〈大陸などが〉未踏の, 未開発の;〈性質などが〉けがれのない, 無垢(むく)な, 汚されていない; 昔のままの;〈話題などが〉言及されていない こうしておいて彼は、自分が二本マストの小帆船の三等船室にいるものと想像し、時計の部分品のように組み立てられた、 機械仕掛の精巧な魚たちが、舷窓のガラスの前を去来したり、模造の海草にからみついたりするさまを物珍らしそうに眺め るのであった。(中略) こうして彼は、少しも動かぬままに、遠洋航海の感覚をほとんど瞬間的に、すばやく我がものとすることができた。この移 動の快感は、それが実現された瞬間においてさえ、現在のうちにはなく、要するに記憶によってしか実在しないものではあ ったが、彼はそうした快感を、この船室のなかで、いささかの疲れや気苦労をも感ずることなく、くつろいだ状態で完全に 満喫していた。 (J.K.ユイスマンス"さかしま-美と頽廢の人工楽園-"、澁澤龍彦訳、光風社出版(1984)p31,32より引用) 19世紀末フランスのデカダン派作家、ジョリス=カルル・ユイスマンスによる『さかしま』の中にあるこの甘美なる情景の 記述は、例えば卑近な例ではあるが、PCモニターとその前にぼんやりと座っていることの関係性に≒で置き換えられないだろうか。 どこかへ旅行に行く際には、インターネットの検索エンジンで事前に行く場所を画像で確認してしまうことが多い。もちろん、 そこで得られるイメージを良い方向に裏切られることを期待して出かけて行くのだが、大方はやはり「旅行前のイメージの 確認作業」に終始してしまうし、ひどい場合には現地に行くことで旅行前のイメージが傷つけられることすらある。 それならば、『さかしま』の主人公デ・ゼッサント公爵の様に、狭い部屋の中で閉じこもり、航海の後に上陸して地に足を 着けることもなく、ひたすら舷窓(/幻想、どちらも『げんそう』と読むことは興味深い)のガラスの前を去来する、機械 仕掛けの精巧な魚を眺めていた方が賢明かもしれない(とは言え、旅行することはとめられないのだが)。 かの地に咲いていた花をインターネットで「具体的には目に触れることも無く」無作為に購入し、届けられた花の花冠部分のみを モニターの中で再び咲かせ、その花に自宅近くの川で無作為に拾った、「触れて良いかどうかを見極めようとする際に用いられる 道具としての」木の枝を接続する(/しようと試みる)。私の自宅にある24インチのPCモニターを、ある種の「私たちが触れるこ とのできない」彼岸や、サンクチュアリとしての想像行為を映し出す装置と捉え、そこに「こちら側ではなくすべてあちら側を向 いて」映るからこその、不在性のようなものや記憶の残滓のようなものを、切り取られた花冠を媒介物として可視化することへの 試みとして、今作品を提示する。 ---- 《untouched flower》 Statement 【untouched】 not touched (by something);(of food or drink) not eaten or drunk; untracked, undeveloped; pristine state, not influenced;remaining in its original; not talked about This done, he could picture himself in the 'tween-decks of a brig as he gazed curiously at a shoal of ingenious mechanical fishes that were wound up and swam by clockwork past the port-hole window and got entangled in artificial water-weeds(…)By these means he could procure himself, without ever stirring from home, in a moment, almost instantaneously, all the sensations of a long voyage; the pleasure of moving from place to place, a pleasure which indeed hardly exists save as a matter of after recollection, almost never as a present enjoyment at the moment of the actual journey, this he could savour to the full at his ease, without fatigue or worry, in this improvised cabin. (From Against the Grain (A Rebours), by J.K. Huysmans, 1884) Although this is a familiar example, this sweet description in "Against the Grain"Written by J.K. Huysmans, the French decadent in the end of the 19th century might be replaced with the relationship between a PC monitor and sitting in idle though in front of it. When we go travel, can research our destination in advance on the Internet. Of course, we visit ther with expectation that our existing images would be betrayed in a positive way, however unfortunately we tend to end up "checking out the images we had in advance", or sometimes, in terrible cases, the images are even damaged because of going to the place actually. Therefore, it might be more sensible to stay in the narrow room without landing from after the voyage, and keep watching the delicate mechanical fish passing in front of the glass of the porthole, such as desesseintes, the protagonist of "Against the Grain"(nevertheless I cannot stop traveling). I bought flowers at random on the Internet "without seeing them directly in detail" , made the petals bloom again inside the monitor, and(attempted to)connect the branch that I picked up at random in riverside near my house "as atoll to check if it is possible to touch them or not". I compared my 24inch PC monitor to a kind of device to reflect my imagination about "untouched" Higan or sanctuary. Now, through the cut petals that turn to the other side, I present the works as an attempt to visualize the absence or the residue od the memory.